株式会社 JALエンジニアリング

Our Work業務紹介

運航整備

運航整備が担当する主な業務は飛行間点検です。
飛行間点検とは、空港に到着した航空機に対して、次のフライトまでの間に行う点検・整備作業です。

 フライトとフライトの間に行われる飛行間点検は時間との戦いです。自らの高度な専門知識と経験を駆使するとともに、パイロット、キャビンアテンダント、グランドスタッフとのコミュニケーションを図りながら効率的に作業を進めなければなりません。

 航空機が到着すると運航整備士は、まず機体の状態を確認します。わずかでも不具合の兆候があれば直ちに修復作業や故障の隔離、代替機能の確認など行い、航空機を常に安全な状態に維持します。
その一方で不具合の状況によっては、機体の安全性に責任を持つ立場から、修復作業の時間を確保するために出発を遅らせたり、シップチェンジ(代替機への機材変更)を判断したりすることもあります。

 国家資格である一等航空整備士を取得し、その後社内資格であるライン確認主任者を取得し、初めて航空機の出発確認を行うことができます。

 運航整備では、お客さまに「安全で快適な」航空機を提供し続けるために日々研鑽しています。

到着機のタイヤの入念なチェック
コックピットでの飛行機の状態の確認
出発機の見送り - いってらっしゃい -

機体点検整備

航空機の整備作業を行うには、航空機の安全な飛行に必要な重要かつ複雑で多岐にわたるシステムを熟知していなければなりません。 しかし最新の航空機は、多様な最新テクノロジーが搭載されており非常に奥が深く、一人の整備士が全ての分野を熟知できるものではありません。

 機体点検整備では、機体システム・電気装備品・客室装備品・機体構造・塗装のスキル毎に細分化されており、各々が各分野の専門家として高度な技術とチームワークで確かな品質を造り込んでいます。

 機体点検整備が主に担当するのは、通常1~1年半(飛行時間5000~7000時間)毎に実施する定期整備です。約1~2週間にわたり毎日100人もの整備士達が機体を隅々まで分解・点検しています。
また不具合を未然に防ぐための改修作業や、機体を保護し美しく保つための塗装作業を行っています。こうした一つ一つの整備品質が飛行機の安全のベースとなる重要な部分です。

 機体点検整備は、お客さまと直接接する機会は少ないですが、常にお客さまのことを思いながら最高の「安全性」と「快適性」を提供するために、強力なチームワークで整備品質を支えています。

737-800 C整備 ドックセット完了
Wifi 改修作業の一部
主脚交換作業

エンジン整備

エンジン整備センターでは、主にJALグループ航空機用エンジン整備とその部品の分解・組立・試運転・修理・検査・洗浄・を実施しています。

 エンジンメーカーと共に適正な整備深度を見極め、品質の高いエンジンをこれまで1万台以上生産しています。

 実際の作業では、エンジン構成部品を単体まで分解し、エンジンブレード 1枚 ボルト 1本まで検査して自社修理可能な部品を修理・点検し、組立・試運転まで実施しています。
エンジン型式としては、JT9D-7R4D型・PW4074/4077型・PW4074D/4077D/4090型・CF6-80C2系列型・GE90-94B型・GE90-115B型・Genx-1B系列型・CFM56-7B系列型のエンジンの作業をしています。

 整備士としてのマインド(心得)マナー(基本動作)を学び活用し、意識・スキルを向上させ、常に、高品質で安全な航空機(エンジン)をお客さまに提供します。
「整備魂により新しいJALを創りお客さまに最高のサービスを提供します。」

燃料噴射ノズルの組立作業
低圧圧縮機のバランス作業
機械加工

装備品整備

装備品整備では、航空機から取り外して整備を行う部品のうち、エンジン以外のほぼ全てについて整備を担当しています。

 整備対象としている部品は、航空機の脚部や動翼といった大きなものから、機内エンターテイメント機器や飛行・操縦に用いられる計器類まで、さまざまな部品の整備を行っています。航空機の整備作業は大きく分けて2つあります。

 1つ目は不具合発生時に行われる、トラブルシュート(不具合の原因究明)と修理を目的とした整備です。
2つ目は、まだ不具合が発生していなくても、部品ごとに決められた期間使用した場合、その部品をネジ1本まで分解検査、必要に応じて修理を行い、要求される性能を維持させることが定められています。これを予防整備といいます。

 当センターでは、上記のような理由で航空機から取り外された部品を分解・検査修理し、再び航空機に使用可能な、健全な部品にするための整備作業を行っています。

客室温度調整装置の修理
737-800機首レドームの修理
分解整備を経て組み上げられた767の主脚

整備受託

上記JALグループの整備業務以外にも、国内外問わず世界中50社以上の会社から運航整備、機体点検整備、エンジン整備、装備品整備を受託しています。当社の整備品質は世界的にも高く評価され、各国の航空局の認可を取得しております。整備受託業務は、高品質な整備で日本の空の安心を支え、海外の航空局や各社エアラインと接することができるグローバルな仕事です。

当社が保有する主な航空局認定

  • 日本国土交通省航空局(JCAB)
  • アメリカ連邦航空局(FAA)
  • 欧州航空安全機関(EASA)
  • 中国民用航空局(CAAC)
など