株式会社 JALエンジニアリング

Vision企業理念

社長メッセージ

私ども「JALエンジニアリング」は、東京国際空港(羽田)・成田国際空港・大阪国際空港(伊丹)において、JALグループの航空機の点検整備をはじめ、航空機からとり下ろされたエンジン・部品等の整備を行うとともに、日本各地の空港においてJALグループ及び海外航空会社の航空機の点検整備を行い、我が国の空の安全を守っています。さらに、経験を積んだ多くの社員がJALのネットワークを支える海外の空港で活躍しています。

JALエンジニアリングは、JALが長い歴史の中で培ってきた技術力をベースに、我が国を代表する航空機整備会社として設立され、すべてのお客さまに、安全性・定時性・快適性のあらゆる面で、「安心・満足」いただけるより質の高い空間の提供を目指しております。
そのために、当社の社員一人ひとりは、「航空機の安全と品質は自らが守り抜く」という誇り高い信念を持ち、すぐれた品格と豊かな人間性を兼ね備えた整備のプロフェッショナルであり続けるために、JALフィロソフィをベースに厳しい精進鍛錬を重ねています。

これからもお客さまに「安心・満足」いただける「JALらしい」航空機をご提供させていただくことで、日本そして世界のお客さまから一番に選ばれる・愛されるエアライングループの実現をめざしてまいります。



株式会社JALエンジニアリング 代表取締役社長
北田 裕一

企業理念

お客さまに「安心」と「満足」をお届けします
航空機の安全運航を徹底的に追求し、航空機をご利用になるお客さまの視点から、お客さまに安心・ 満足いただける世界一品質の高い航空機を提供していきます。
誠実さと思いやりのある誇り高い技術者であり続けます
一人ひとりが航空の安全は自らが守るという誇り高い信念をもち、誠実にその責務を全うします。また、共に働く仲間や家族を大切にし、明るくすべてに思いやりを持った技術者の集団であり続けます。
航空技術の発展と社会への貢献を果たします
広範な「技術」と、広い視野をもち新たな発想に富んだ「人財」を備え、わが国の航空技術の発展と社会への貢献を果たしていきます。

健康経営宣言

私ども「JALエンジニアリング」は、JALグループの安全運航の礎を支える航空輸送の総合エンジニアリング企業であり、JALグループ存立の大前提である安全を支えるために、24時間・365日厳しい環境の中で働いていかなくてはなりません。そのためにはすべての社員・家族が心身とともに、社会的*にも健康であり続けることが重要であると考えています。

私は健康経営最高責任者として先頭に立ち、「すべての社員・家族が自らの健康を維持・増進していくことで、社員一人一人が活き活きと安心して働くことができ、その活力を源として技術力を磨き上げ社会に貢献することで、全社員の物心両面の幸福を追求する」ということを広く社員に伝えるとともに、健康経営を実現するための職場風土の醸成と職場環境をつくり上げて行くことを宣言いたします。


*社会的な健康とは、「良好な人間関係」「経済的安定」「社会的役割があること」「夢や目標、生きがいがあること」等を示します。

株式会社JALエンジニアリング 代表取締役社長
北田 裕一

健康経営優良法人2020

健康推進活動

  • JALグループの推進する健康経営の4つの目的
  • 健康推進活動体制図

JALエンジニアリング中期経営計画における「人と働き方の変革」の取り組みと、JALグループ健康推進活動「JAL Wellness2020」に基づき以下の施策を推進します。



  1. 1. 各職場にWellnessリーダーを配置し、渦の中心となって、各職場が一丸となり健康増進に積極的に取り組める風土づくりを行います。
  2. 2. 「生活習慣病」「がん」「メンタルヘルス」「たばこ対策」「女性の健康」の5つを重点項目として掲げ、イベントや講話の企画・案内を実施します。
  3. 3.健康診断受診率100%を継続します。また、年度毎に実施する健康調査アンケートやストレスチェックの結果を分析のうえ、社員一人一人の健康サポートを推進していきます。
  4. 4.フレックス勤務や在宅勤務等の多様な働き方の推進、ワークスペース変革の推進、および外部リソース活用やIT化の推進による業務効率の改善など、ハード・ソフト両面での取り組みを通じて、より働きやすい職場環境を実現します。
  5. 5.健康管理は、一人ひとりに寄り添った支援が必要であるとの観点から、現在ある「健康相談」「メンタルヘルス」に関する健康窓口を活用しやすくなるよう工夫・周知を行い、相談がしやすい環境を再構築します。



ta